緊急時の赤ちゃんのミルクとして「液体ミルク」を日本にも!

熊本・大分を中心に九州で大きな地震が発生しました。二日にわたる震度7の大地震。

誰が予想したでしょうか。

まだまだ避難生活を送っている方も多く、テレビを見ていると赤ちゃんを連れた方もおり胸が押しつぶされそうになります。

震災のとき、赤ちゃんのミルクはどうなるの?

14249969268_c27004b31b_b

最初の地震の時、皆さんは何をしていましたか?家の事をしたり、テレビを見てくつろいだりしていた方も多かったのではないでしょうか?

私は、入浴中でした。携帯の地震速報を聞いた旦那がすぐにお風呂場に来て地震が来る!と伝えに来て、私も泡のままタオル一枚で我が子の元へ駆け寄りました。

それからすぐに地震が来ました。本当に怖かった。

それからすぐにもしもの時に備えて避難準備です。まずは、赤ちゃんの荷物から。着替え、タオル、オムツ、ミルク。。。。

そう!このミルクの準備が何気なく大変!外出の時でも大変なのに、もし避難しなければならないとなった場合どうすればいいのか。

ミルクの準備に必要なものは以下の4つです。

  1. 粉ミルク
  2. 消毒済みの哺乳瓶
  3. お湯
  4. 湯冷まし又はミルクを冷やす水

最低でもこれらのものが必要となります。

もし、避難した場合、ミルクはあるのでしょうか。もしミルクがあったとしても、ミルクに使える水(軟水)はあるのでしょうか。お湯はあるのでしょうか。哺乳瓶の消毒はできるのでしょうか。

連日ニュースではオムツやミルクが不足していると流れています。避難所ではきっとたくさんのママ達が困っているはずです。

何か良い方法はないかと調べました!ありました!

避難所でのミルクの問題は「液体ミルク」で解決できるかもしれない

26246439955_2560952fc2_b

今回の記事は「液体ミルク」についてのお話です。ぜひこの機会に知ってください!

1. 液体ミルクとは

乳児用液体ミルクとは、誕生から12か月までの乳児母乳の代わりとして飲むことができるように、栄養成分を調整されたミルクのことである。乳児用に調整されたミルクは、粉状のものと液体状のもの2つが存在するため、前者を「粉ミルク」、後者を「液体ミルク」と呼ぶのが一般的である。乳児用液体ミルクを単に乳児用ミルクと呼ぶこともある。 ただし、日本国内においては、「液体ミルク」という名称の認知度は非常に低い。

 引用元:Wikipedia「乳児用液体ミルクとは

あれ、なんだかピンと来づらいなぁ。

つまり、すでに調乳済みのミルクってことなのです。そして、なんとなんと液体ミルクのすごさはここから。

  1. 常温保存可能
  2. 水不要
  3. 温め不要(そのまま飲ませられる)
  4. 衛生的
  5. 持ち運びに便利
  6. 消毒いらず
  7. 哺乳瓶と乳首は使い捨て

ミルクづくりにおける手間がすべて省かれていてすごく便利です!

ですが、日本ではまだ簡単に手に入れることはできないんです。

2. なぜ日本では普及していないのか

阪神大震災 東日本大震災を経ても日本には流通していません。

海外ではスーパーでも売っている位一般的なものとなっていますが、日本ではなかなか手に入れることは難しい状況です。

日本で販売されていない理由は、政府の認可が下りていない事とニーズが分からないという点にあるようです。

3. 署名活動が行われています!

日本にも液体ミルクを導入しようと署名活動が行われています!

 参考サイト:署名サイト『change.org「お出かけや災害の時に赤ちゃんがすぐ飲める乳児用液体ミルクを、日本でも製造・販売してください!」』

6カ月の乳児を育てているスエナガさんが、日本のメーカーへ製造・販売を訴えかけてくれています。

代表のスエナガさん、すごいんです!署名活動だけでなく、内閣府主催の「規制改革会議」に意見を提出したり、ベビーフードの老舗 和光堂さんとミーティングを行ったりととても積極的に活動されているのです!

感情的に動く私からしたら、とても素晴らしい方です!

4. 有名人の方も

熊本地震のあと、多くの方が液体ミルクの事を知りいろんな方法で広めていきました。

そして、有名人の方々もブログで紹介されています。

里田まいさんのブログ:「今こそ液体ミルク」

東原亜希さんのブログ:「ミルク

藤原紀香さんのブログ:「ありがとうございます。

震災後も署名の数はグーンと伸びましたが、有名人の方がブログで紹介してくださったあとはより一層数が伸びていました。

緊急輸入が始まりました

4月22日金曜日 小池百合子議員がフィンランドの液体ミルク緊急輸入に向けて調整を行いました。

その後、フィンランドのValio社が水のいらない液体ミルク5000パックを提供する運びになったそうです。

無事に届いたでしょうか。

これから

私個人としては、是非液体ミルクを日本のメーカーさんで作ってもらい、日本でも販売してもらって、手軽に買えるようになってほしいと思っています。

これから、研究、製造 販売となると時間もかかるかもしれませんが、日本企業の方々、政府の方々ぜひよろしくお願いします!

KAORU

KAORUママライター

投稿者プロフィール

はじめまして!KAORUです。
2015年9月に双子(一卵性の女の子)のママになりました。
職業は理学療法士(現在育休中)です。将来は、女性のためのリハビリ(産前産後のリハビリなど)にかかわっていけるようになりたいと思っています。
双子育児の事や女性の体について、私の想いと一緒に形にしていけたらと思っています。
育児もライターも新米ですがよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. あなたが結婚に踏み切れない理由は「お金」?それとも「〇〇」?

    あなたが結婚に踏み切れない理由は「お金」? それとも・・・。 結婚を意識する20代後半から30代…
  2. あなたは既婚男性と不倫を繰り返す「スリラー女子」になっていないか?

    人気バンドのボーカルとタレント、国会議員とタレント、有名コメンテーターと一般女性、世の中では「ゲス不…
  3. 「え?それだけでいいの?」ワークキングマザー必見!今日からできる4つの家事の時短テクとは?

    「ただいま」と帰宅してから最初に座るのは「いただきます」をするとき・・・というママも少なくないのでは…
  4. 子育てがしやすい街を選ぶには、兄弟の数に注目しよう!

    子どもの数が減っています先日のこどもの日に、「子どもの数は2015年より15万人減 減少は35年連続…
  5. とりあえずビールで始まる宴会のメリットは? -目的によって飲むものを変える大人の飲み方

    あなたは宴会で初めに何を飲みますか? とりあえずビールでしょうか。それともワイン? 新入社員や若いO…
  6. 多摩で大流行のカロムで、子どもを仲良く遊ばせよう

    「多摩でカロムが熱い」というニュースが報道されていました。「カロム」ってご存知でしょうか?カロムとは…
  7. 女性の一人暮らしには意外な危険も! ー閉じ込められに気をつけよう

    一人暮らしの女性は防犯やストーカー対策には気をつけていると思います。でもそれ以外にも一人暮らしには意…
  8. 電子書籍も読んで読書の幅を広げよう-電子書籍の3つのメリットと入門方法

    紙の本に加えて電子書籍も読むようになると、読書の機会が大きく広がります。日本で電子書籍を読んだことの…
  9. NISAは本当に働く女性の味方なのか!?

    2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)ですが、女性が積極的に利用していると言われていま…
  10. 田代まさし氏が語る「覚せい剤の本当の怖さ」について。

    プロ野球の大スターが覚せい剤の所持・使用で逮捕。 衝撃的なニュースが飛び込んできたのは2月2日の夜…
ページ上部へ戻る