不妊治療保険は本当に少子化の歯止めになるのか

金融庁が出生率の改善に動く?

2016年3月15日、金融庁が不妊治療にかかる費用を保険商品でカバーできるように生命保険会社に促していることがわかりました。

高額な不妊治療にかかる費用を保障する保険商品の販売を、金融庁が早ければ3月中にも解禁することが14日、分かった。晩婚化で初産年齢が高まり不妊治療を希望する夫婦が増えるなか、保険会社に対応商品の販売を認め、治療時の負担軽減につなげる狙いだ。

金融庁は3月上旬、関連する保険業法の施行規則の改正案に対する一般の意見受け付けを終了した。遅くとも4月中には販売解禁となる見通しだ。

 引用:産経新聞「不妊治療保険、月内にも解禁 金融庁方針 出生率1.8実現あと押し」

この「解禁方針」を受けて、生命保険会社は不妊治療を行う人に保険金や給付金を支払うと言う商品を設計していく予定ですが、具体的にはどんな内容になるのでしょうか。

報道の内容から言えることは、医療保険などの特約として付加し、不妊治療を行った場合に保険金や給付金が支払われるものが予想されるのではないでしょうか。

例えば具体的にはこんな感じの内容を予想します(あくまで予想ですので)。

  • 医療保険に特約として付加し、契約締結後に不妊治療を開始した場合に保険金や給付金を支払い
  • 女性疾病保険の特約として付加し、契約締結後に不妊治療を開始した場合に保険金や給付金を支払い
  • 不妊治療の自己負担分を保障するような保険

少子化、人口減の歯止めになるか

少子化や人口減に歯止めをかけるべく金融庁から発表されたこの「不妊治療保険」ですが、果たしてそううまくいくのでしょうか。

現在、不妊治療の費用は健康保険の適用外のものが多く、その費用は数十万円~数百万円にまで幅が広く、経済的な理由から不妊治療を断念するケースも多く見られます。

特定の条件を満たせば助成金により費用の一部負担もありますが、それでも費用が高額になることは否めません。

 参考:東京都特定不妊治療費助成の概要

もし生命保険会社が「不妊治療保険」の販売を今後検討していくのであれば、クリニックごとの治療内容の違いや費用の違いなど、乗り越えるべき課題は多くあります。

そして、今後も不妊治療の件数自体が増加していくことが予想されることから、保険会社のリスクヘッジとして保険料は割高になるのではないかとも予想できます。

とは言え、これから不妊治療をするかもしれない人にとって朗報であることは間違いありません。この新しい試みで1人でも多くの家庭の経済的な負担が減って、不妊治療を試みる機会に恵まれなかった人たちにとって希望の光となることを願っています。

けいこママ

けいこママファイナンシャルプランナー

投稿者プロフィール

ファイナンシャルプランナーでありながら、双子のママと言う『2足のワラジ』のライターです。私と同じようなママさんの共感が得られるような記事を頑張って投稿しますので、「これはいいね!」と思ったら、facebookやTwitterでシェアしてくれると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. 子育てがしやすい街を選ぶには、兄弟の数に注目しよう!

    子どもの数が減っています先日のこどもの日に、「子どもの数は2015年より15万人減 減少は35年連続…
  2. 田代まさし氏が語る「覚せい剤の本当の怖さ」について。

    プロ野球の大スターが覚せい剤の所持・使用で逮捕。 衝撃的なニュースが飛び込んできたのは2月2日の夜…
  3. 布ナプキン生活 始めてみませんか

    布ナプキンってなに?女性のみなさん、布ナプキンって知っていますか?聞いたことある方もいるかもしれませ…
  4. まだ温めてる?甘酒は冷やして飲むと良いとこがいっぱいあるって知ってた?

    お正月やひな祭り。お祝い行事によく飲まれることの多い「甘酒」。寒い時季に温めて飲むことが一般的ですが…
  5. 女性と仕事の関わり方を考える~これからは自分で働き方を決める時代

    結婚して出産しても仕事を続けていけるだろうか。そんな不安は女性なら誰しも1度は感じたことがあるのでは…
  6. ハリウッドで話題沸騰中!マスタークレンズダイエットはとっても簡単な方法で驚きの効果が出るらしい!

    突然ですが、あなたはダイエットを成功したことがありますか? ダイエットに成功した人は読まないでくだ…
  7. ハロウィンはプチプラアクセサリーブランドクレアーズでコーデしちゃおう!

    プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…
  8. 授業参観にどんな服装で行って何をすればいいの?

    授業参観に何を着ていこうかしら? と悩むのママも多いかと思います。子どものタイプ別にどんな服装で行っ…
  9. 子どものイタズラに困ったママ必見!そのイタズラ体験は脳の成長のチャンスかもしれません!

    今日の記事は、子どものイタズラにほとほと困っていると言う子育て中のママさんは必見です。毎日子どもたち…
  10. 大地震に備えて「ローリングストック法」で非常食を確保しよう

    熊本で大地震が発生しました。多くの人が避難生活を余儀なくされています。日本中のどこでいつ発生するか分…
ページ上部へ戻る