SMAP解散騒動でわかった?!『内助の功』の時代による変化

SMAP解散のニュースは本当に驚きました。
最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間が経ってみるといろいろ考えることがありました。

今回はこの騒動で、残念ながらご夫婦で印象が悪くなってしまった木村拓哉さんについての話です。

そもそも『内助の功』って何?!

『内助の功』とは「夫の働きを支える妻の功績」という意味ですが、一般的には「良妻賢母として夫を裏から支える」ようなイメージですよね。前に出るのではなく。

しかもこの『内助の功』は定義が非常に曖昧です。
夫の職業や性質などの個人差もあるでしょうから、ある人には感謝されるのにまたある人には余計なおせっかいだと言われたりして。

あえて言えば、夫が成功した時に後付けされることの方が多いのではないでしょうか。奥様の内助の功もあってご成功された、とか。

同じことをしても良いとは限らないのは、個人差だけではない

今回のSMAP解散については様々な情報がありましたが、私が興味を持ったのは木村拓哉さんの奥様である工藤静香さんについての以下の記事でした。
一部引用します。

「1月に騒動が露見する前、いったんはキムタクも5人全員での独立に同意していたのです。それをひっくり返したのが工藤でした。

~中略~

そして夫のキムタクに対してジャニーズに残るよう説得し、キムタクも残留を決断しました。これが他のメンバーから見れば“女の言葉になびいた裏切り”と映り、亀裂は深まってしまったのです」(芸能評論家の肥留間正明氏)

日刊ゲンダイDIGITAL 8月18日『SMAP解散 元凶はキムタクを変節させた工藤静香の独立潰し

詳細はリンク先をご確認頂けるとありがたいのですが、元の記事では工藤さんのことを一切褒めていません。

それどころか、最後に「雌鶏歌えば家滅ぶ」とまで書かれてけなされています。

しかし工藤さんは、そこまで書かれるほどの酷いことを木村さんにしてしまったのでしょうか?

私は思うのですが、今回の工藤さんの行動はむしろ

  • あと2~3年ほど前なら『内情の功』として褒め称えられた

のではないかと思っています。

以前までなら大正解、でも今は……

工藤さんもアイドルとして芸能界で長い間活躍されています。
今までいろいろなことがありました。

かつてアイドルとして圧倒的な人気を誇ったトシちゃんこと田原俊彦さん。

その後光GENJIというグループで一世風靡し、中でも一番人気だった諸星和己さん。

お二方ともジャニーズを退社してからは、以前ほどの活躍はできなくなりました。

一説には事務所から圧力がかかったとも言われています。
が、その真偽の程はさておき、後ろ盾を失ったことは事実です。

ジャニーズ事務所という後ろ盾を失ったタレントがどうなったか。
その後に自分の夫が続こうとしているのです。

工藤さんはそれを何としてでも阻止すべく行動した。
お気持ちはよくわかります。

しかし工藤さんは、一つだけ大きな誤算をしていました。

一言で言えば、もはや時代が違うのです。

今はインターネットやSNSが非常に発達しています。

以前とは比べものにならないほど、ファンの声が大きく強くなっています。

このため、木村さんは土壇場で他のメンバーを裏切った卑怯者だと大勢のファンに思われ、イメージが悪くなってしまいました。

さらに言えば今回のように、その決断を翻したのは奥様である工藤さんに説得されたものだとの報道も流れ、妻に頭が上がらない情けない男のイメージも背負うことになってしまいました。

もはや、事務所の力でどうこうするのは無理ではないかと思えるほどになっています。

内助は所詮、内助。功にならないものは取り入れない

そうは言っても、実際にお仕事をされているのは木村さんです。

「工藤さんの立場ならそう言うのもわかる。でも、今は時代が違う。ファンの声は無視できない」

そう言って、逆に工藤さんを説得しなければならない立場だったのではないでしょうか。

結局のところ、工藤さんの助言を受け入れて決断したのは木村さんです。

最後の最後で行動を共にしないと決めたら、今の世の中ですからファンからどう思われてどんなことを言われるか、それを承知の上での決断だと思いますので。

そのことも含めて、この記事は工藤さんのことを悪く書き過ぎではないかと私が思いました。

ただし、どんなに木村さんが説得をしようとしても工藤さんが受け入れなかった……ので、仕方なく木村さんが折れたということも考えられます。

その場合は“良かれと思っての一昔前なら内助の功”ではなく、もはや“単なる障害でしかない”ということになりますが。実際はどうなのでしょうね。

今現在はどうなのか?今までの常識は忘れて都度、最初から考える

時代の流れって恐ろしいですよね。

「以前は正しかった答えが、今は間違いになっている」というのは何も今回のことだけではないでしょう。

今回のように効果がなくなっているどころか、むしろ逆効果になってしまうことすらもあります。

今までの常識や経験、成功体験も含めて全部一度リセットした上で、その時その場で毎回一から考えて決断せねばなりません。

自分がお仕事をする上でも、家族の内助の功を発揮するにも、何をするにも大事なことだと思います。

服部 夕音

服部 夕音フリーライター

投稿者プロフィール

名前は“ハッタリ言うね”より。文豪、二葉亭四迷に捧ぐ。

……読んだことないですけど。

真のフリー(な)ライターを目指してがんばっていこうと思っております。

あんなこともそんなこともこんなことも……私に“タブー”の文字はありません。“多分”はありますが。

そしてその暁には、お読み頂いたすべての方に何かお得なものをお持ち帰り頂きたいと思っております。

よろしくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. 100均ショップセリアの優秀コンタクトレンズケースで眼病予防をしましょう!

    オシャレやスポーツを楽しむためにメガネからコンタクトレンズにしたり、コンタクトレンズをカラーコンタク…
  2. 子育てがしやすい街を選ぶには、兄弟の数に注目しよう!

    子どもの数が減っています先日のこどもの日に、「子どもの数は2015年より15万人減 減少は35年連続…
  3. 茨城県つくば市で楽しめるねぶた祭り!まつりつくばの魅力!

    茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  4. hiyoko

    『SE女子のタスク管理奮闘記』の仕事術で残業を減らそう

    毎日が忙しいあなたへいつもやらなければいけない仕事がたくさんあってなかなか片付かないということはあり…
  5. どうしても貯金ができない、そんな貴女へ。焦らず無理せず貯金を始めるコツは?

    日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  6. 玉の輿に乗りたい女性必見!お金持ちの男性と価値観を同じくするには

    『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  7. 緊急時の赤ちゃんのミルクとして「液体ミルク」を日本にも!

    熊本・大分を中心に九州で大きな地震が発生しました。二日にわたる震度7の大地震。誰が予想したでしょうか…
  8. メープルシロップはただの甘いシロップじゃなかった!カナダ美女がやっているメープルシロップでキレイになる美容方法をご紹介します!

    ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  9. 今度こそ本気の脚やせ!脚やせストレッチで美脚を手に入れる!

    どうして腕に比べて脚は太くなるんだろう。そんな風に思ったことはありませんか。人間は二足歩行をしている…
  10. ワーママに立ちはだかる二人目の壁 ~二人目を産むベストなタイミングとは?

    子供は二人以上欲しいと思いながら、なかなか二人目の妊娠に踏み切れない「二人目の壁」。その大きな理由は…
ページ上部へ戻る