子どものイタズラに困ったママ必見!そのイタズラ体験は脳の成長のチャンスかもしれません!

今日の記事は、子どものイタズラにほとほと困っていると言う子育て中のママさんは必見です。

毎日子どもたちがする、その困った「イタズラ」が実は子どもの脳を成長させるとしたら、ちょっと私たち親の受け止め方も変わってくると思いませんか?

幼児の思考の発達を観察してみたら

「丸・三角・台形の法則」をご存知でしょうか? え、知らないの?
と言っても、私が考えた法則なので知っている人はほとんどいませんが(笑)。

丸・三角・台形の法則とは

MaruSankakuDaikei

幼児用のおもちゃで、丸や三角や台形の積み木を穴に通すというものがあります。うちにもあって私の子どもたち4人は幼いころにみんなやりました。

するとあることが分かりました。最初に丸の積み木だけ穴に通せるようになります。何日かたってから三角を通せるようになります。そしてずいぶんたってからやっと通せるようになるのが台形です。四人とも順番が全く同じでした。これを「丸・三角・台形の法則」と私は名付けました。

思考の発達には順序がある

「丸・三角・台形の法則」は考えてみれば当然です。丸は面の方向さえ合わせれば、角がないので回転させて角度を合わせる必要がありません。だから最も簡単に穴に入れることができます。次に三角になると角を合わせる必要がありますが、ちょっと回せば偶然三角の穴に入ります。最も難しいのが台形です。穴に入る方向はたった一つしかありません。偶然ではなかなか入りません。そのうちに形をよく見て方向を合わせればいいということに気付きます。
ここまでくる間に頭脳はかなり進歩しています。私はこの「丸・三角・台形の法則」から2つのことを考えました。

発達が遅いことを心配しすぎなくてよい

発達の早さは兄弟で違うけれど

私の子どもたちを分かりやすいように上から、太郎、二郎、三奈、四つ美、としておきます。太郎は幼児のころ、すぐにハイハイをして動き回るようになり、立って歩けるようになったのも早いほうでした。ところが二郎はなかなか動こうとしませんでした。歩けるようになったのも太郎より半年以上も遅かったのです。
四つ美はオムツが取れるのが遅くて心配でした。幼稚園に入る時期になってもまだオムツを履いていました。
三奈は足し算や引き算をなかなか理解できませんでした。小学校に入ったころ、ヤバいと思ったものです。

発達の順序は同じ

同じように育てた兄弟でも成長の早さはいろいろ違うものです。でも成長していく順序は同じです。いずれはできるようになるのです。「うちの子は隣のイクラちゃんと比べて成長が遅いわ」と過度に心配することはありません。丸から三角へ、そして台形へと徐々に次のステップに進むのです。

イタズラ体験で好奇心を満たせば賢く育つ

もし丸だけだったら

冒頭の積み木を穴に通すおもちゃで、もし丸い積み木しか与えなかったらどうでしょうか? 台形の方向を合わせるという高度な思考をができるようにはなりません。思考は発達しないのです。
幼児のうちにいろいろな物を見せていろいろ考えさせることで思考の発達が促されて子どもは賢くなります。

イタズラ好きの長男

InThePan

太郎は幼児で立って歩けるようになったころ、あらゆるイタズラをしました。食器棚を開けて中の食器を全部出して大きな鍋にお尻から入ってみたり、犬のゲージに入り込んで犬を追い出したり、ビデオデッキのカセットテープを入れる部分にゴミを入れてみたり。 西松屋でイタズラ防止用のロックを買ってきて付けたりしたのですが、解除の仕方を学んでクリアしたり、力づくでロックを壊したり。私は何度もゴミを取り出すためにビデオデッキを分解したものでした。
目についたものを片っぱしからいじってみる。そんなイタズラ体験で幼児は賢くなります。その後太郎が高校生になってから特待生として塾代が無料になったのはこの体験があったからかもしれません。

弟と妹たちは個性それぞれ

InTheDustBox

二郎と三奈は太郎ほどはイタズラをしませんでした。兄がちょくちょく遊んでくれたので一人でイタズラを考える時間が少なかったのかもしれません。でも末っ子の四つ美は違いました。ナベに入ったりゴミ箱に入ったり、太郎ほどではなかったもののいろいろやらかしてくれました。
同じ兄弟でも個性によって違うものですね。上の子と違うけど大丈夫かしら? そんな心配もする必要はありませんでした。みんな無事に成長していますから。

四児の父・あべっかんの思い

子どもによって発育の早さが違います。でも発達していく順序は同じです。だから発達が遅くても過度に心配することはありません。焦らずに待ちましょう。
幼児のころにいろいろな物を見せて触れさせて、イタズラ体験を積ませておきましょう。そうすると思考の発達が促されて賢い子に育ちますよ。

四児の父・あべっかん

四児の父・あべっかんITコラムニスト兼教育ブロガー

投稿者プロフィール

本業はIT系エンジニア。IT系のサイトのコラムニストとしてコラムを執筆する一方、四人の子どもへの教育をテーマにしてブログや電子書籍を書いています。ここでは、四児の父という立場から、あるいはITコラムニストの立場から、お役に立てる情報を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. NISAは本当に働く女性の味方なのか!?

    2014年から始まったNISA(少額投資非課税制度)ですが、女性が積極的に利用していると言われていま…
  2. 授業参観にどんな服装で行って何をすればいいの?

    授業参観に何を着ていこうかしら? と悩むのママも多いかと思います。子どものタイプ別にどんな服装で行っ…
  3. 新入社員はなぜ一目で分かるの?-新入社員に学ぶべきこと

    新入社員はなぜ一目で分かるの?4月になると、通勤電車やオフィス街で新入社員(フレッシュマン)を見かけ…
  4. ワンピース好きに朗報!?サンジの等身大スマホ充電器が完成間近!!

    【サムネイル画像転用先:「ONE PIECE」サンジの等身大スマートフォン充電器、完成間近です!】漫…
  5. 「待機児童問題」に今、真剣に取り組んでいる議員はいないのか?

    突如ネットから上がった強烈な「声」最近ネットやテレビでも話題になった「保育園落ちた日本死ね!!!」と…
  6. 梅雨の洗濯にはこの除湿機がおすすめ ~梅雨を快適に過ごしましょう

    今回は梅雨の時期の洗濯を快適にする方法について書いてみます。梅雨の時期の洗濯私の家は子どもが4人いる…
  7. 双子妊娠のリスク ~ママ達にできること~

    前回の記事「双子の妊娠の基礎知識 ~実際に双子を育てているKAORUが教えます!」でもお伝えしたよう…
  8. 30代の出来るイイ女のメイクポーチは小さい!?ポーチの大きさと魅力度の関係とは?

    女性なら1つは持っているメイクポーチ。実はその大きさが年齢や魅力度に関係していること、知っていました…
  9. ところてんダイエットでデトックスしながらきれいになろう!

    限りなくゼロカロリーに近くダイエットに最適な食材、ところてん。ところてんの何がダイエットにいいのか、…
  10. あなたは既婚男性と不倫を繰り返す「スリラー女子」になっていないか?

    人気バンドのボーカルとタレント、国会議員とタレント、有名コメンテーターと一般女性、世の中では「ゲス不…
ページ上部へ戻る