布ナプキン生活 始めてみませんか

布ナプキンってなに?

hatena-1184896_640

女性のみなさん、布ナプキンって知っていますか?聞いたことある方もいるかもしれません。
布ナプキンとは、主にコットンなど布でできた生理用ナプキンです。市販されている紙ナプキンとは違い、洗って繰り返し使うことができます。ちなみに、紙ナプキンの素材は不織布という素材で洋服カバーや換気扇フィルターに使用されている素材です。

布ナプキンの使用率

実際に使っている方はどのくらいいるのでしょうか?

  • 20代以下4.6% 
  • 30代8.4% 
  • 40代7.2% 
  • 50代1.8% 
  • 60代0.3% 
  • 70代以上3.1%
    引用元:ネットリサーチティムスドライフ『生理用品に関するアンケート

全ての年齢で10%以下となっていますね。知らない人も多いのではないでしょうか。

布ナプキンのメリット

いいことたくさん布ナプキン

1. 経済的

紙ナプキンの種類はたくさんあり、値段も様々ですし使用枚数も人それぞれですので1年間にどのくらいのお金がかかるかは人それぞれだとは思います。しかし、布ナプキンは一度買いそろえれば数年間は持ちます。買い置きがなくて慌てて買いに行く事もなくなりますね!ゴミも出ないので、知らぬ間に地球にも優しくなって素敵女子になっています。

2. かぶれにくい

紙ナプキンよりも通気性が良いためムレにくく、かぶれにくくなります。赤ちゃんも、オムツかぶれする子は布おむつに変えたりするお母さんも多いですよね?それと一緒です。布ナプキンは肌にとっても優しいんです。

3. 生理痛が緩和される

これは生理痛の重たい女性にとっては本当にありがたいです!体が、紙ナプキンに含まれている化学物質を異物として認識してしまうため、排出しようと筋肉が収縮して痛みとなるそうです。布ナプキンには化学物質が含まれていませんので生理痛が和らぐといわれています。私も、生理中は痛み止めが手放せませんので、布ナプキンに変えるだけで生理痛が和らぐなんて嬉しすぎます!

4. 冷え性の防止・改善

布ナプキンを使用した瞬間暖かいと感じる方がいるそうです!紙ナプキンの多くには高分子吸収体ポリマーが使用されています。あまり聞きなれない名前ですが、熱冷ましシートのジェルといえばわかりやすいでしょうか。熱冷ましシートのジェルって触ったらひんやりしてますよね?そう、そのひんやりしている部分です。月経を吸収した紙ナプキンによって子宮を冷やしてしまいます。布ナプキンを使うことによって、子宮を包み込み温めてくれるので、冷え性の改善や基礎代謝も上がり、ダイエット効果にもつながるのです。

布ナプキンのデメリット

メリットがあればデメリットも。

1. 洗濯

洗って繰り返し使うので、どうしてもこの手間だけはかかってしまいます。いくら自分から排出したものと分かっていても血のついて物を洗う事に抵抗がある方がいるかもしれません。最初は、手間だと感じるかもしれませんが慣れてしまえば大丈夫そうですね。

2. 漏れが気になる

布なので漏れが心配との声が多くあります。心配な方や、今日は多い日という時には紙ナプキンの上に布ナプキンを当てたり、外出の時は紙ナプキンを使用したりと使い分けをしてみるのもいいかもしれません。

使用している方の実際の声

実際に使用している方に聞いてみました。

  • 月経の量が少なくなり、排泄時に一緒に出せるようになった。
  • 3日ほどで終わりだらだら長く続くことがなくなった。
  • 妊娠した。
  • においが気にならなくなった。
  • 生理痛が軽くなった。
  • 生理中でも快適。

布ナプキンの心得

  1. 自分専用にしましょう
  2. こまめに替えましょう
  3. 洗うまでは他人がふれないようにしましょう
  4. 自分でしっかり洗いましょう
  5. 洗濯の水は排水口へそっと流しましょう
  6. 洗濯後は周辺をきれいにしましょう
  7. 太陽光でしっかり乾かしましょう
  8. 気になる症状が出た場合は使用をやめましょう
  9. 血液感染症の方は医師の指導のもとに使いましょう

昔の生理事情

914274af95bf9b3e0376f351e98fa448_s

昔の女性、いえ、私たちの大先輩方は着物での生活をしていました。当然、パンツなんて言うものはなかった時代ですので履いてません。THEノーパンです。では、生理中どのように過ごしていたのでしょうか。気を付けていたそうです。え?気を付けていたって、何をどういう風に?この話を聞いたとき頭の中ははてなだらけでした。なんと、大先輩方はトイレで排尿するように月経を出すことができていたそうです。びっくりしすぎて、開いた口がふさがりませんでした。

最後に

ひと昔は十何人兄弟が少なくなく、その時代を生きた女性は私たちと比べるとうんと生理の期間も少なかった時代です。食べるものも違えば、生活習慣だって大きく変わっています。ですが、私たち女性の体はその変化にはついていくことができていません。月経症候群、不妊、切迫早産・流産、癌。もしかしたら、体が悲鳴を上げている結果なのかもしれませんね。

布ナプキンを使用したからってこれらの問題が解決するわけではありません。ですが、私たちの体の一部。女性にとってとても大事な部分です。布ナプキンで温めてあげるのもいい方法のひとつかもしれませんね。1人でも多くの女性が幸せになりますように♡

KAORU

KAORUママライター

投稿者プロフィール

はじめまして!KAORUです。
2015年9月に双子(一卵性の女の子)のママになりました。
職業は理学療法士(現在育休中)です。将来は、女性のためのリハビリ(産前産後のリハビリなど)にかかわっていけるようになりたいと思っています。
双子育児の事や女性の体について、私の想いと一緒に形にしていけたらと思っています。
育児もライターも新米ですがよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. アラサー必見!簡単に食べられて体にも美容にも美味しい3つの食材とは?

    美味しいものは太る・・・なんてことはありません。栄養がたっぷりで体にも美味しく、美容面でも素晴らしい…
  2. ハロウィンはプチプラアクセサリーブランドクレアーズでコーデしちゃおう!

    プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…
  3. 30代からのファッションこれはNG!大人の女性におススメのファッションとは?

    30代でいつまでもミニスカートに素足では、ちょっとイタいファッションになってしまうかもしれません。気…
  4. 仕事のストレスを解消したい!そんなときにはアロマテラピーがおすすめ!

    仕事の人間関係、毎日の残業などでストレスがたまっていませんか?お酒やスイーツで紛らわせるよりももっと…
  5. 男の子に習い事をさせるときの4つの心構えとは~少年野球は男のロマン?!

    子どもが幼稚園生から小学生くらいになると、習い事とかスポーツとかをさせようかな、と考えるようになると…
  6. ゆるい部活から厳しい部活へ~子どもの心境の変化の理由は?

    「いったい何考えてるの? いきなり格闘技をやりたいなんて!!」 子どもが突拍子もないことを言い出して…
  7. 今さら聞けない!?日焼け止めの選び方の基礎を知って最大限の効果を得る方法

    ドラッグストアで日焼け止めがメインコーナーで販売されると、「紫外線の季節がきた!」って感じがしますよ…
  8. 多摩で大流行のカロムで、子どもを仲良く遊ばせよう

    「多摩でカロムが熱い」というニュースが報道されていました。「カロム」ってご存知でしょうか?カロムとは…
  9. 大地震に備えて「ローリングストック法」で非常食を確保しよう

    熊本で大地震が発生しました。多くの人が避難生活を余儀なくされています。日本中のどこでいつ発生するか分…
  10. どうしても貯金ができない、そんな貴女へ。焦らず無理せず貯金を始めるコツは?

    日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
ページ上部へ戻る