子どものころのケンカは買ってでもせよ、と思う3つの理由

今回は小さい子どものケンカについて書いてみました。

我が家は戦場

kenka3

うちの子どもたちが小さいころ、毎日兄弟ゲンカが勃発していました。
うちの子を上から、太郎、二郎、三奈、四つ美としておきます。
 ケンカの中心となるのは二郎でした。1日に、兄と10回、妹と10回、計20回くらいケンカをしていたのです。
おやつのクッキーがそっちの方が大きくてズルい!
そのクッションは私が使うの、返して!
そこに立つとテレビが見えないだろ、どけ!
などなど、くだらない理由ばかりでした。
「うぇーん」と妹が泣かされるか、「うるさいっ!やめなさいっ」と親に叱られて終わります。

ケンカが必要な3つの理由

kenka1

でも、そんな兄弟ゲンカは子どもにとって必要な体験なのです。そう思うのは次の3つの理由があるからです。

たくましく育つ

 三奈が小学生のころ、クラスの男子がからかってきた。だけど三奈は動じない。冷ややかな目でにらみつけて
「無視してればそのうちやめるでしょ」
多少の意地悪をされても、兄とのケンカで慣れているから動じませんでした。たくましく育ったものです。

限度を知る

 四つ美が小学1年生のころ、クラスの男の子が意地悪をしてきたのです。おとなしくてか弱そうに見える四つ美。泣いちゃうんじゃないかと回りの友だちは心配していました。ところが、
バシッ!

涙より先にパンチが出たのです。倒れて泣いてしまったのは男の子のほうでした。泣いたと言っても倒れた場所が悪くて体を机の角にぶつけたからでした。四つ美にしても本気でぶっ飛ばす(!)つもりはなく、意地悪に軽く反撃しただけなのです。これがケンカに慣れていない子だと限度を知らずに反撃し過ぎてしまうこともあります。キレて相手を刺してしまったなどという事件がたまに起こります。軽いケンカをしていれば急にキレて爆発することも少なく、限度も分かるのではないでしょうか。

思いやりを持てる

ケンカや争いは双方にとって得なことではありません。小さいころにケンカで相手にやられた経験があれば、いじめられた子の気持ちも少しは分かります。ケンカで負けたときの気持ちを知っていれば、思いやりも持てるようになるのです。

四児の父・あべっかんの思い

kenka2

ケンカを知らない子どもたち

少子化が進み兄弟ゲンカを体験していない子どもも多くなりました。先生に叱られて頭を小突かれることも今ではありません。そんな子どもは成長してから、辛いことがあったときにすぐに心が折れてしまったり、キレて手加減が分からずに他人を傷つけてしまうということにならないだろうか、と私は心配しています。

子どものころのケンカは買ってでもせよ

小さい子どもがケンカを始めたら、すぐに止める必要はありません。大人がついているのになんでケンカを止めないのよ、と怒り出してしまうママもいることでしょう。でもできることならケンカをさせて、自分たちで解決するのが理想です。それまでなるべく見守っておきたいものです。
子どものころのケンカは買ってでもせよ!!
私はそう思います。あなたはどう思いますか?

四児の父・あべっかん

四児の父・あべっかんITコラムニスト兼教育ブロガー

投稿者プロフィール

本業はIT系エンジニア。IT系のサイトのコラムニストとしてコラムを執筆する一方、四人の子どもへの教育をテーマにしてブログや電子書籍を書いています。ここでは、四児の父という立場から、あるいはITコラムニストの立場から、お役に立てる情報を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. アラサー女子の結婚できないかも?という不安が増加中!結婚できない理由は?

    テレビやネットでは「婚活」「35歳独身」などの言葉が躍り、自虐的に「婚活ブログ」を更新する女性もいま…
  2. うっかり日焼けしちゃった!そんな時に自分で出来る対処方法について教えちゃいます

    日焼けのケアをしていても日焼けしてしまうことありませんか?うっかり日焼けをしてしまったときの自分でで…
  3. 田代まさし氏が語る「覚せい剤の本当の怖さ」について。

    プロ野球の大スターが覚せい剤の所持・使用で逮捕。 衝撃的なニュースが飛び込んできたのは2月2日の夜…
  4. L.A.で人気!コールドプレスジュースの進化系!「L.A.Juice」上陸!

    美容系ジュースってたくさん種類がありますよね!海外のセレブ達が愛用する美容系ジュースは日本の美意識の…
  5. まだ温めてる?甘酒は冷やして飲むと良いとこがいっぱいあるって知ってた?

    お正月やひな祭り。お祝い行事によく飲まれることの多い「甘酒」。寒い時季に温めて飲むことが一般的ですが…
  6. 授業参観にどんな服装で行って何をすればいいの?

    授業参観に何を着ていこうかしら? と悩むのママも多いかと思います。子どものタイプ別にどんな服装で行っ…
  7. アラサーはやっぱり保険に入ったほうがいいの?現役女性FPが本音で答えます!

    仕事がら、最近よくこんな質問を多く受けることがあります。「もうすぐ30歳になるし、私も保険に入ったほ…
  8. スムージーはカロリーが重要?!美味しいスムージーできれいになるコツ

    きれいになると話題になっているスムージー。多くの女性の美容ドリンクとしても定番になっていますが、この…
  9. とりあえずビールで始まる宴会のメリットは? -目的によって飲むものを変える大人の飲み方

    あなたは宴会で初めに何を飲みますか? とりあえずビールでしょうか。それともワイン? 新入社員や若いO…
  10. 今さら聞けない!?日焼け止めの選び方の基礎を知って最大限の効果を得る方法

    ドラッグストアで日焼け止めがメインコーナーで販売されると、「紫外線の季節がきた!」って感じがしますよ…
ページ上部へ戻る