女の子の習い事の定番 ピアノ教室に通わせるときの3つの心構え

前回の記事「男の子に習い事をさせるときの4つの心構えとは~少年野球は男のロマン?!」では少年野球について書きましたが、今回は小さい娘さんがいるママ向けに、女の子の習い事の定番「ピアノ教室」について書いてみます。

教室選びは慎重に

PIC_2139

優しい温子先生

私の長女の三奈は幼稚園を卒園するころからピアノを習い始めました。幼稚園の教室を借りて温子先生という外部のピアノの先生が開いていた教室に行きました。
幼稚園児の生徒が多いこともあり、優子先生は優しく教えてくれます。ピアノを無理なく楽しく習いたいという子にはピッタリです。でも、年に3回の発表会を聴きに行くとちょっともの足りない感じがしました。「あの子は何年も習っているはずなのにまだこれしか弾けないの?!」

厳しい範子先生

3年ほどしてから、次女の四つ美にもピアノを習わせることにしました。四つ美のお友達が通う範子先生のピアノ教室が良さそうだと聞いたので、この際三奈も一緒に入りなおしました。
範子先生は温子先生とは違いました。「来週までにここをこういうふうに練習してきなさい!」と課題が出されます。次の回に上手く弾けないと「ダメよ、ダメダメ!。ちゃんと練習したの?!(怒)」と怒られてしまいます。
課題をこなすには毎日練習しなくてはいけません。でもおかげさまで三奈も四つ美もずいぶん上達しました。

ヤル気度合いに合った教室を選ぼう

ピアノを楽しく習いたい。それほど練習時間を取れそうにないし厳しい教室にはついていけそうにない、という子は温子先生のような教室が向いています。

一方、ピアノを上手く弾けるようになりたい。上達するためのにきちんと練習する鍛錬もさせたい、という子には範子先生のような教室が向いています。範子先生の教室でもあまり練習せず上達しない子もいます。そんな子は、発表会のときに年下の子が難しい曲を弾いているのに自分は簡単な曲も弾けない、と惨めな思いをしてしまうかもしれません。気にならないのならよいのですが。
ピアノにどれくらい力を入れるのか、をピアノ教室に入れる前に考えましょう。そして通っている子やその親に話を聞いてどんな先生かを把握しておきましょう。

本格的にやるならコンクールに出てみよう

Piano_shojo

コンクールに出てみなさいよ

四つ美は上手になってくると、「コンクールに出てみなさいよ」と先生に勧められました。
毎年いくつかの団体でコンクールが行われています。まず地方で予選があり、合格すると東京で本大会というものが多いようです。予選で落ちてしまった場合は翌週に別の会場で再度挑戦できるということもあります。敗者復活があるのはいいですね。参加費を稼ごうという主催者側の魂胆もあるのでしょうが(笑)。
範子先生の生徒のうち何人かは毎年いくつかのコンクールに挑戦しています。四つ美も挑戦することにしました。

子どもも親もたいへん

先生のレッスンのときにはママもついて行って先生のアドバイスをメモします。家での練習ではそのメモを見ながら復習しています。子どもが小さいうちはそうした親のサポートが必要です。 コンクールのために四つ美は毎日1~2時間、休日には3時間以上練習しています。そのときもできるだけママが聴いてチェックしているのです。少年野球でパパがコーチになって息子を鍛えるのと同じ感じですね。
そしてコンクールが近づくと先生の追加レッスンも受けます。練習もたいへんですがレッスン料の捻出もたいへんです。

コンクールで得られるもの

コンクールで弾くために、曲の起源や状況も研究して色々な弾きかたで弾いたりして1つの曲を突き詰める。何時間も弾き込む。親子で一緒になって取り組む。それは貴重な経験になります。集中力や忍耐力もつきます。指先を動かすと脳も活性化されます。
四つ美は初めは予選で落ちていましたが、そのうちに予選は通過できるようになりました。そして2年後のあるコンクールでは小学生低学年の部で1位になることができました。練習の成果が結果につながりました。これは自信になることでしょう。「将来はピアニストになりたい!」と夢を持つこともできました。

いつ卒業するか決めておこう

piano1

 音楽大学やミュージシャンを目指す子以外はどこかでピアノ教室を卒業することになります。
少年野球の場合は小学校卒業まで、というように卒業する時期が決まっています。ですがピアノ教室の卒業する日を決めるのは自分です。
中学生や高校生になると部活や勉強が忙しくなります。長女の三奈も忙しくピアノに時間を割くのが難しくなってきました。そしてピアノに対するヤル気もだんだん薄れてきました。
でも、ピアノ教室をやめますとは先生に言いにくいのです。範子先生は学生時代はなんでもこなしてしまう生徒だったそうです。それに押しも強い。「勉強が忙しいですって? 誰だって忙しいわよ。そこをテキパキとやるから上達するのよ。Tちゃんだってちゃんとやっているじゃないの。三奈ちゃんも頑張りなさい」と言われるに決まっています。妹のこともあるので穏便に卒業したい。でもどう言ったらいいか悩んでしまうのです。
そんなふうに悩まないように、いつまでやるか、いつ卒業するかを決めておくといいでしょう。

四児の父・あべっかんの思い

ピアノ教室を選ぶときは、緩く楽しい教室にするのか、厳しく鍛えらえる教室にするのかを決めて選んでください。そしていつまでやるのか、いつ卒業するのかも考えておきましょう。本格的にやるのであればコンクールに挑戦してみるといいと思います。
 なお、登場人物は仮名です。実在する人物とは変えてあります。

お知らせ

私が書いた電子書籍「イクメンから教育パパにキャリアアップする方法」の小学生のパパ編と中学生のパパ編を合体させた電子書籍が出版されることになりました。家庭での子どもの教育方法について書いた本です。そして期間限定で無料になります。子どもの勉強をパパに見てもらいたいと思っているママは、この機会にゲットしてパパと一緒に読んでみてくださいね。詳しくは金風舎のサイトをご覧ください。

DekiPapaSet1

四児の父・あべっかん

四児の父・あべっかんITコラムニスト兼教育ブロガー

投稿者プロフィール

本業はIT系エンジニア。IT系のサイトのコラムニストとしてコラムを執筆する一方、四人の子どもへの教育をテーマにしてブログや電子書籍を書いています。ここでは、四児の父という立場から、あるいはITコラムニストの立場から、お役に立てる情報を書いていきます。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. さらばデコボコ脚!グレープフルーツの香りで出来るセルフセルライト除去

    あなたは自分の後ろ姿を鏡でしっかりと見たことはありますか?ふくらはぎや太ももがデコボコしていたらそれ…
  2. 梅雨の洗濯にはこの除湿機がおすすめ ~梅雨を快適に過ごしましょう

    今回は梅雨の時期の洗濯を快適にする方法について書いてみます。梅雨の時期の洗濯私の家は子どもが4人いる…
  3. 女の子の習い事の定番 ピアノ教室に通わせるときの3つの心構え

    前回の記事「男の子に習い事をさせるときの4つの心構えとは~少年野球は男のロマン?!」では少年野球につ…
  4. メープルシロップはただの甘いシロップじゃなかった!カナダ美女がやっているメープルシロップでキレイになる美容方法をご紹介します!

    ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  5. アロマ加湿器はどう選ぶ?知っておきたい加湿器の種類とおすすめアロマオイル

    空気が乾燥する季節は肌の保湿のためにも加湿器は必須ですよね。適度な湿度は粘膜を保護して風邪の予防する…
  6. 30歳で貯金はいくらあればいい?貯金ゼロからでも貯める方法

    20代の頃は洋服やバッグ、旅行など、好きなものにお金を使うこともできましたが、30歳ともなると将来的…
  7. スムージーはカロリーが重要?!美味しいスムージーできれいになるコツ

    きれいになると話題になっているスムージー。多くの女性の美容ドリンクとしても定番になっていますが、この…
  8. がんばらない、ムリなく続けられるダイエットでじわじわ痩せよう!

    日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  9. とりあえずビールで始まる宴会のメリットは? -目的によって飲むものを変える大人の飲み方

    あなたは宴会で初めに何を飲みますか? とりあえずビールでしょうか。それともワイン? 新入社員や若いO…
  10. 大人ニキビは体のHelpサイン!でも大人ニキビって一体なんなの??

    思春期でもないのにニキビができてしまう。そんな悩み抱えていませんか?それ、そのままにしておくと大変な…
ページ上部へ戻る