今さら聞けない!?日焼け止めの選び方の基礎を知って最大限の効果を得る方法

ドラッグストアで日焼け止めがメインコーナーで販売されると、「紫外線の季節がきた!」って感じがしますよね。

日焼け止めの選び方について紹介します。

日焼け止めには4種類ある

protection-993354_640

日焼け止めを買うとき、あなたはどの部分をみて購入していますか??

日焼け止めにはいくつか種類があり、大きく分けると「クリームタイプ」「ジェルタイプ」「スプレータイプ」「パウダータイプ」があります。

クリームタイプ

保湿効果のある日焼け止めなので、お肌の乾燥も防ぐことのできる日焼け止めです。

ジェルタイプ

さっぱりとした使い心地でお肌がオイリーな人やニキビ肌の人にオススメの日焼け止めです。

スプレータイプ

広範囲にさっと手を汚さないでつけることの出来る日焼け止めです。

パウダータイプ

メイクの仕上げに使う日焼け止めです。

日焼け止めといっても、お肌のタイプやつける場所によって適した日焼け止めがあるのです。

用途・場面によって違う日焼け止めの選び方

spring-garden-1219823_640

日焼け止めと買うときに、日焼け止めのパッケージの文字をしっかり読んだことはありますか?

日焼け止めには、「顔用」「体用」「SPF」「PA」という文字が書いてあります。

「顔用」と「体用」の違い

まず「顔用」と「体用」についてですが、お顔のお肌は体よりも薄い皮膚で作られているので低刺激でつくられていてお肌への負担を出来るだけ減らした作りになっています。

そのため、日焼け止めだからお顔から体までOK!というわけではないのです。

逆に、低刺激の顔用を体につける分には問題はありません。

「SPF」「PA」とは?

日焼け止めにはどの日焼け止めにも必ず書いてあるこの文字ですが、これは紫外線防止指数と紫外線を防ぐ効果を数値で表しています。

「SPF」の数値は現在最高値が「50+」とされています。

この数値が高くなると、紫外線を防ぐことができますが変わりにお肌に与える負担が大きくなるため乾燥などの原因にもなります。

よく、メイク下地日焼け止めが入ったものと日焼け止めを使って高い効果を得られると誤解されやすいのですが、もっとも高い数値のSPFの数値での効果になるだけなのでプラスされた効果にはなりません。

「PA」は「PA+」から「PA++++」までの段階があり、+が多いほど紫外線を防ぐ効果があるといわれています。

日焼け止めは屋内か屋外かの目的によって使い分けることでお肌への負担を最小限に減らしてお肌を紫外線から守ることができるのです。

高い数値だから良いというわけではないのですね。

ちなみに、日常生活(散歩や夏のお洗濯干しなど)はSPF10前後PA+ほどが推奨されており、紫外線の強い海などではSPF30~50+程度PA++~+++が良いといわれております。

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」

さらに、日焼け止めには2つのタイプがあります。

日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」というそれぞれの働きの異なるタイプに分かれます。

紫外線吸収剤は紫外線を肌の表面で吸収してくれるタイプでお肌の内部に紫外線が侵入することを防いでくれます。

刺激が強いので、体用に使うことをオススメします。

紫外線散乱剤は紫外線と反射・散乱するのでお肌の中への紫外線侵入を防ぎます。

お肌には低刺激なので、お顔に使うことをオススメ致しますが白く浮きやすいという点があります。

最後に・・

日焼け止めはどうしても初夏から秋のイメージがあると思います。

しかし、紫外線は天候により強弱はありますが年中降り注いでいますので実は年中日焼け止めって必要なのです。

自分がどんなライフスタイルなのか、どんな肌タイプなのかに合わせて日焼け止めを選んでいくことがいいですね。

高い数値だから良い!「+」がたくさんだから良い!重ねて塗っているから良い!というわけではないのです。

日焼け止めでの紫外線対策を行うことでお肌をキレイに保つことができます。

お肌をしっかり守っていくために日焼け止め選びをしっかりと行いましょう。

Shizuyo Miyamoto

Shizuyo Miyamoto美魔女応援団長!

投稿者プロフィール

はじめまして!
3月に「Fun Hands Writing」というウェブライティングの事業を立ち上げました!!
将来的に事業所でライターさんを増やし、良い記事をクライアント様に納品する事業所になりたい・・いや・・なります!!
考えないで感じることをモットーに読者様の目線になって「いいね!」と思える記事を書いていきます!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. ダイエットを続けるための3つのコツ-準備しただけでやった気になっていませんか?

    ダイエットを始めたけど続かなかった、という経験がある人は多いかと思います。今回は私がダイエットを続け…
  2. 脇汗の対策は大丈夫?脇汗を減らす方法が知りたい!

    せっかくキレイにメイクをしても、脇汗をたくさんかいて汗染みが出来ていると美人も台無し。それが心配で、…
  3. 簡単美肌レシピで体の中からキレイを作る!美肌に必要な食材とは?

    高価な化粧品だけでは美肌は作れません!どんな栄養素が美肌に必要なのかを知って、にきびや肌荒れが気にな…
  4. 子どものイタズラに困ったママ必見!そのイタズラ体験は脳の成長のチャンスかもしれません!

    今日の記事は、子どものイタズラにほとほと困っていると言う子育て中のママさんは必見です。毎日子どもたち…
  5. 田代まさし氏が語る「覚せい剤の本当の怖さ」について。

    プロ野球の大スターが覚せい剤の所持・使用で逮捕。 衝撃的なニュースが飛び込んできたのは2月2日の夜…
  6. あなたが結婚に踏み切れない理由は「お金」?それとも「〇〇」?

    あなたが結婚に踏み切れない理由は「お金」? それとも・・・。 結婚を意識する20代後半から30代…
  7. 緊急時の赤ちゃんのミルクとして「液体ミルク」を日本にも!

    熊本・大分を中心に九州で大きな地震が発生しました。二日にわたる震度7の大地震。誰が予想したでしょうか…
  8. ディズニーランドのパレード直前の道に寝転んでしまったダウン症の女の子、キャストの神対応に感動!

    アメリカのディズニーランドで起きた奇跡の「神対応」いちご(いちご@DLR)さんが投稿したTwitte…
  9. 100均ショップセリアの優秀コンタクトレンズケースで眼病予防をしましょう!

    オシャレやスポーツを楽しむためにメガネからコンタクトレンズにしたり、コンタクトレンズをカラーコンタク…
  10. 多摩で大流行のカロムで、子どもを仲良く遊ばせよう

    「多摩でカロムが熱い」というニュースが報道されていました。「カロム」ってご存知でしょうか?カロムとは…
ページ上部へ戻る