30代からのファッションこれはNG!大人の女性におススメのファッションとは?

30代でいつまでもミニスカートに素足では、ちょっとイタいファッションになってしまうかもしれません。気持ちは20代とあまり変わらないのですが、世間的には立派な大人の女性です。

30代ともなるとトレンドばかりを追いかけるファッションでは限界が。流行を取り入れつつも、自分に似合う大人の女性らしいファッションを追求したいですね!

20代とは違うファッションを!

lady-602881_640

プチプラコーデで好きなものだけを着ていた20代はもう卒業!30代からは少し大人の上質なファッションを目指しましょう。

30代のNGファッションとは?

  • TPOを考えないミニスカート
  • 肌の露出が多すぎる
  • ぴっちり体型を強調するファション
  • フリフリファッションと大きなリボン

20代ではかわいいと言われたファッションも30代になると世間の目は厳しくなります。同性だけでなく男性からのウケもよくありません。若く見えるのと若いのとは違うのです。

子供っぽく見えるもの、チープに見えるものはNGです。大人の女性らしい、質のいい服を身につけたいものです。とはいえ全身を高級ブランドで包み込む必要はなく、何か上質なものをひとつ取り入れるだけで全体の雰囲気はぐっと変わってきますよ。

体型をカバーしつつ美しく見せる

30代になると悲しいことにだんだん脂肪がつきやすく、かつ、落ちにくくなっていきます。だからこそお腹周りやお尻など気になるところは隠したいですよね。

ただ隠そうとしてワンピースの下にデニムを履いてしまったり、上も下もゆったりシルエットの服でまとめてしまったりすると野暮ったくなり、かなり「おばさん」の印象になってしまいます。

メリハリをつけて、お腹周りを隠すならボトムスはすっきりしたものにする、重ね着をしすぎないなどの工夫が必要です。

脱!おばさんファッション

30代は仕事もしつつ子育てにもがんばっている世代。休日はついつい子供と一緒に動きやすい、汚れてもいい格好をしがちで、気づくといつも同じ服を着ているということはありませんか。

周りの目を気にしないチュニックやだぼだぼのパンツでは、緊張感がなく体型がどんどん崩れていく原因にもなります。

かわいいだけじゃなく、大人の女性の美しさも両方生かせるのが30代。ラフな中にもかわいさのある格好や小物の色使いに気を使ってみるなど、ファッションの楽しみ方は色々です。大人可愛い30代なりのファッションを楽しみたいものです。

カジュアルでも品のあるファッションを目指しましょう。ポイントは「そのまま電車に乗れる格好かどうか」ですよ!

自分に似合う色を知っていますか

girl-1242903_640

自分に似合う色は好きな色とは少し違います。肌や髪、瞳の色など総合的に見て今のあなたに似合う色が決まってくるのですが、これも単に「青」とか「赤」といった大きなくくりではないから難しいんですね。

青でもどのような青が似合うのか、その青には何を組み合わせるとより自分の顔色が引き立つのか。それを知っていると服の選び方も少し変わってきますよね。

自分に似合う色を「パーソナルカラー」といいますが、パーソナルカラー診断ができるウェブサイトもたくさんあるので、ぜひ試してみて下さい。

 参考:パーソナルカラー診断なら「いろぬのかさね」

自分に似合う色を探すポイント

1. 自分のベースカラーを知る

日本人でも肌がブルーベースの人もいればイエローベースの人もいます。色の系統がまったく違いますから、ここを見誤ると顔の色と服の色が調和せず、服が一人歩きしてしまうことに。

2. ベースに合わせた色の組み合わせを考える

イエローベースなら暖色系、ブルーベースなら寒色系など、似合う色の組み合わせも大まかに決まってきます。

3. 差し色を加えつつも自分に似合う色でまとめる

ベースにあった色だけにする必要はありません。組み合わせを考えながら自分の好きな色を加えてももちろんOK!ただし、似合う色の割合を多くしておくことで、全体的にバランスがよくなります。

仕上げは全身鏡でチェック!

ここまでのポイントをまとめると大事なことは3つ!

  • 20代とは違うということを意識する
  • 質のいいものを取り入れる
  • 自分に合った色を見つける

ぜひやっていただきたいのが、全身鏡でのチェック!洗面所の鏡では全体が見えません。自分の目で服を選んだ時と実際に身につけた時では印象が変わってきます。

アクセサリーやメイクとのバランスも見るために、最後は全身鏡で前、後ろ、横もチェックしてみて下さいね!後ろ姿も気を抜かずにおしゃれできるのが大人の女性です。

その前に・・・20代のスタイルを保つ努力も大切ですね。

編集部

編集部Woo-pa! 編集部

投稿者プロフィール

Woo-pa!編集部です。
編集部からも日替わりで今話題の記事を提供します!
ライターさんには負けませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね!してね。

TwitterでWoo-pa!をフォローしよう!

この記事を気に入ってもらえたら是非シェアしていただけると嬉しいです。

この著者の最新の記事

関連記事

最近の記事

  1. 日に日に秋も深まり、朝夕は肌寒く感じる日も出てきました。 秋と言えば「食欲の秋」もあれば、「スポ…
  2. 『玉の輿に乗ること』は、婚活中の女性だけでなくほとんどの独身女性の憧れと言っても過言ではないのかもし…
  3. 『お金が貯まる財布』とは、どういう財布なのでしょうか。 風水で言えば金色や黄色であるとか、長財布で…
  4. 日本人は貯金が好きで、国民の貯蓄率が非常に高いと言われていたのはもはや昔の話。現在では貯金が0という…
  5. 茨城県のつくば市では、8月最後の土曜日曜に大きな祭りが開催されます。 その祭りは「まつりつくば」 …
  6. リオデジャネイロ五輪が閉幕し、日本選手団も無事帰国しましたね。 今回の日本のメダル獲得数は金メダ…
  7. 昔から青いパッケージで売られていて、コンビニやドラッグストアで手軽に入れることができる保湿クリームと…
  8. SMAP解散のニュースは本当に驚きました。 最初はただただ驚いただけだったのですが、しばらく時間…
  9. ホットケーキにとろりとかけて食べると、その甘さからほっぺが落ちそうになるくらい美味しくなるシロップ。…
  10. プチプラアクセサリーブランド「クレアーズ」が2016年のハロウィンを彩るアイテムを発売します!201…

Facebook Page

Twitter

購読はこちらから

更新情報はこちらのボタンより購読して頂くと便利です。

RSS

人気記事

  1. キレイなお姉さんは絶対にやらない!本当はやってはいけないスキンケア

    お肌に良いと思って何気なくやっていることってありませんか?実はその方法が間違っていることがあるのです…
  2. 妊娠すると体はどう変化するの?双子ママのKAORUがまとめました!

    妊娠すると体にさまざまな変化が現れます。私の場合はとにかくいろんなところが痛かったです。体に感じる変…
  3. ケミカルピーリングでツルツルのお肌を手に入れる!その効果と注意するポイント

    ケミカルピーリングとはどのようなものなのか、ちょっと興味があるけれど副作用はないのかしら?とケミカル…
  4. 不妊治療保険は本当に少子化の歯止めになるのか

    金融庁が出生率の改善に動く?2016年3月15日、金融庁が不妊治療にかかる費用を保険商品でカバーでき…
  5. 脇汗の対策は大丈夫?脇汗を減らす方法が知りたい!

    せっかくキレイにメイクをしても、脇汗をたくさんかいて汗染みが出来ていると美人も台無し。それが心配で、…
  6. ところてんダイエットでデトックスしながらきれいになろう!

    限りなくゼロカロリーに近くダイエットに最適な食材、ところてん。ところてんの何がダイエットにいいのか、…
  7. 100均ショップセリアの優秀コンタクトレンズケースで眼病予防をしましょう!

    オシャレやスポーツを楽しむためにメガネからコンタクトレンズにしたり、コンタクトレンズをカラーコンタク…
  8. アラサー必見!簡単に食べられて体にも美容にも美味しい3つの食材とは?

    美味しいものは太る・・・なんてことはありません。栄養がたっぷりで体にも美味しく、美容面でも素晴らしい…
  9. ワーママに立ちはだかる二人目の壁 ~二人目を産むベストなタイミングとは?

    子供は二人以上欲しいと思いながら、なかなか二人目の妊娠に踏み切れない「二人目の壁」。その大きな理由は…
  10. 雨の日に髪が広がるのはなぜ?梅雨時でも髪が広がらない方法を教えて!

    湿気が多いと髪が広がって収まりがつかない!全然髪型が決まらない!とイライラされている方も多いのではな…
ページ上部へ戻る